1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 保育士の志望動機の書き方ってどう書いたらいい?

保育士の志望動機の書き方ってどう書いたらいい?

保育士の志望動機の書き方

保育士就転職時の志望動機の書き方で困ってしまうこともありますよね。
志望動機は、内容によって採用結果にも大きく影響します。
志望動機が大事だとわかってはいても、「どんなことを書いたらいいの」「とりあえず書いたけれど、これでいいのかな」などと、不安に思うこともありますよね。
ここでは、そんな志望動機の書き方を詳しくご紹介していきます。

志望動機に書くべき内容

そもそも志望動機とは保育園にとって、数ある園のなかからどうして自分の園を選んで応募してきたのかという情報は、採否を決める上でとっても重要なものになります。
熱意、園が求める人物像との相性、適性などを見極めるため、志望動機は必須の情報になってきます。

志望動機で書いてはいけないNGワード、書き方

実際に働いているわけでもないのに『応募する園の弱みや足りない点など、ネガティブな要素を挙げながら自分の強みをアピールする』ことはかえってマイナスになります。また、以前働いていたことのある園や現在働いている園のネガティブな事を挙げるのも好ましくありあません。もしかするとその園にとっても心当たりがある要素かもしれないのです。
志望動機を書く場合には、前職や現職に不満があってもそのままのお想いを伝えるのではなく、自分の熱意や想いをアピールするように心がけましょう。

保育士未経験や新卒の方

保育士未経験の場合、即戦力になるとアピールすることは好ましくありません。学生時代の経験やこれまでの経験、人柄や保育士として貢献する素質が伝わるような志望動機を心がけましょう。

保育士経験がある方

現在保育士として働いている園と志望する園でどのような違いがあり、なぜそこに魅力を感じたのかを明確に書きましょう。
具体的なエピソードなどを交えながら書くことで、説得力を増すことが出来ます。

保育士ブランクがある方

保育士を辞めてブランクがある方は、なぜ改めて保育士として働きたいのかという点がポイントになります。
ブランク期間中にどんな経験をして、なぜもう1度保育士になりたいと思うようになったのかを明確に書きましょう。

まとめ

志望動機のポイントは「自分の気持ちを素直に伝えること」
志望動機の書き方をあれこれ考え過ぎてしまい、結局よくわからないとなっては元も子もありません。
本当に大事なのは、自分の気持ちを率直に書くことです。
自分の理想とする保育士像を明確にし、それが自然と「保育士になりたい」「応募先の園に勤めたい」という気持ちを伝えることに繋がるはずです。

保育のしごとでは福岡県内を中心に保育の求人をご紹介しております。保育業界専門・専任のコーディネーターが担当し、お仕事のご紹介から、条件交渉、入職後のトータルサポートもさせて頂きます。お休みがとりやすい、小規模保育、福利厚生充実などの人気求人もご紹介可能です。

お気軽にお問合せください