1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 保育士になる為の資格取得方法について

保育士になる為の資格取得方法について

保育士資格を取得するには?

保育士とは保育士の国家資格を持つ保育のプロです。
保育所などで0歳~6歳の未就学児に対しての保育や保護者に対しての保育指導を行います。

保育士になる為には、資格を取得する必要があり、その方法は大きく分けると2種類あります。

1つ目は卒業すると保育士の資格が得られる学校で学ぶ方法
2つ目は保育士試験に合格する方法

今回はこの2つの方法について詳しくみていきます。

保育士資格取得について

卒業すると保育士の資格が得られる学校で学ぶ方法

この方法は、大学・短大・専門学校などの保育士養成課程で所定の過程を修了することで資格が得られます。
保育士養成課程のある学校は、4年制の大学・2年制の専門学校や短大(一部3年制あり)などがあります。

それぞれの学校でのメリット・デメリットについては下記の通りです。
       メリット         デメリット         学費の目安
4年制大学   大卒資格を得られる     学費が高い         400万円程度
短期大学   学校数と定員が多い     短期間の為忙しい      250万円程度
専門学校   実践的な知識を取得できる  大卒・短大卒より昇進が遅い 200万円程度
学校によっては「幼稚園教諭」などの資格も同時に取得することが可能です。
様々な学校を比較して、自分にあったルートを選んでいきましょう。

保育士試験に合格する方法

この方法は、学校とは違い保育士試験を受験し合格することで資格が得られます。
保育士試験は毎年4万人~5万人が受験している人気の試験で、保育士養成課程のない
一般的な大学や短大を卒業した方でも受験が可能となります。

社会人になってから、通信教育などを利用し受験する方もいますが、試験の難易度は高く
合格率は10%~20%となっています。
ここまで保育士の取得方法についてみてきましたが、保育士試験についても少しみていきましょう。

保育士試験について

保育士試験は、筆記試験と実技試験になります。
筆記試験は9科目で行われ、マークシートによる択一式になります。
9科目については
「保育原理」「教育原理」
「社会的養護」「子ども家庭福祉」
「社会福祉」「保育の心理学」
「子どもの保健」「子どもの食と栄養」
「保育実習理論」
それぞれの科目で6割以上の点数が必要となります。
また、幼稚園教諭免許を持っている方で、免除申請を行えば「保育の心理学」「教育原理」の2科目が免除されます。

実技試験は筆記試験で全科目合格した場合受験が可能となります。
実技試験では、言語や音楽、造形の3科目でこの中から2科目を選択します。
それぞれの科目で6割以上が合格ラインとなります。
また、幼稚園教諭免許を持っている方は、実技試験が免除されます。

保育士試験の日程について

保育士試験は年に2回実施されています。
前期の筆記試験が4月下旬。実技試験は7月上旬にあります。
後期の筆記試験は10月下旬。実技試験は12月上旬に行われます。

保育士試験の合格率について

先ほどもお伝えしたように、試験の難易度は高く合格率は10%~20%となっております。
ただ、その試験全てに1回で合格できなくても、一度合格した科目は3年間有効となります。
この制度を利用すれば、2年~3年かけて資格取得を目指すことも可能となります。

ここで注意していてほしいのは、保育士資格を取得しただけでは保育士として働くことが出来ないということです。
保育士の登録が必要になり、「登録事務処理センター」に申請を行い、保育士証の交付を受けなければなりません。

まとめ

保育士資格を取得する方法としては、養成課程のある学校で学ぶ方法と保育士試験に合格する方法をお伝えしました。
合格率の低い保育士試験を避ける場合は、養成課程のある学校で学び、卒業することがおすすめですが、
仕事をしていたり、主婦の方にとっては時間と費用がかかることも大きな問題です。
養成課程のある学校を卒業しなくても、通信教育や独学などで学んで保育士免許を取得することもできるため

自分の環境に応じて保育士を目指すことが可能です。

何の為に保育士免許を取得したいのか、何の為に保育士になりたいのか。
をしっかりと考え、自分にあった方法で保育士免許の取得を目指していきましょう。

保育のしごとでは福岡県内を中心に保育の求人をご紹介しております。保育業界専門・専任のコーディネーターが担当し、お仕事のご紹介から、条件交渉、入職後のトータルサポートもさせて頂きます。お休みがとりやすい、小規模保育、福利厚生充実などの人気求人もご紹介可能です。

お気軽にお問合せください