1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 保育園の運営形態に関して

保育園の運営形態に関して

保育園の運営形態ってどんなところがあるの?

保育園には大きく分けて公立と私立があります。
2000年に保育所の設置主体制限撤廃に規制緩和が行われ、それまでは公立と社会福祉法人しか認められていなかった
保育園運営が学校法人、宗教法人、株式会社、有限会社、NPO法人などにも運営が認められました。
ここでは、社会福祉法人・NPO法人・株式会社の特徴をみていきましょう。

地域密着の社会福祉法人

社会福祉法人とは元来、地域に非営利目的で福祉サービスを提供するという目的で設立されています。
福祉事業とういう形で地域に方々に貢献する為に作られた社会福祉法人の保育園ですが、中には保育園だけではなく地域の親子向けの子育て広場を運営し、今では地域に根づき、公共性も高い歴史ある法人が多く存在しています。

社会貢献のNPO法人

NPO法人とは1998年にNPO法が施行され、非営利で不特定多数の人々への社会的な利益増進のために認められた団体になります。
そんなNPO法人が保育園を設立できるようになったのは先に述べたように2000年の保育所の設置主体制限撤廃の規制緩和が行われた後からになります。
NPO法人という特性上、運営している保育園には保育を通じて未来ある子ども達や地域社会に貢献したいと願う熱い思いと高い志を持つ保育士が多く勤務しています。
保育内容や行事を決める際もどんな細かなことでも職員皆で話し合い、子ども達にとって保護者にとっての最善の利益を追求するというNPO法人としての強い信念が感じられ、何でも一から作り上げているような充足感もあります。

株式会社の保育園

株式会社が保育園を経営できるようになったのはNPO法人のところでも触れましたが2000年の保育所設置主体撤廃の規制緩和後ですが、昨今の待機児童問題で株式会社が経営する保育園が随分増えました。
株式会社運営の特徴として、特殊で多彩なプログラムを取り入れている園が多いということです。
リトミック、体操、ダンス、英語などの子どもの才能を最大限に伸ばす保育カリキュラムが通常保育に組み込まれていることです。
日誌や書類関係についてもIC化されている法人が多々あり、株式会社ならではの機能性を考えた合理的かつ簡略化されたシステムが構築されています。
比較的新しい園が多いこともあり保育内容や行事も職員全員で話し合って決めているという様なフレンドリーな雰囲気が漂っている印象があります。

まとめ

社会福祉法人、NPO法人、株式会社、この3つの異なる運営母体の保育園の内容になります。それぞれの法人に良さがあり、特徴があります。
ご自分が目指す保育士とはどのようなものか考えながら働きやすい保育園を探すと良いでしょう。

保育のしごとでは福岡県内を中心に保育の求人をご紹介しております。保育業界専門・専任のコーディネーターが担当し、お仕事のご紹介から、条件交渉、入職後のトータルサポートもさせて頂きます。お休みがとりやすい、小規模保育、福利厚生充実などの人気求人もご紹介可能です。

お気軽にお問合せください